Japanese Learning

Japanese Short Story 60

かねちとかわなめし


金持ちが、皮なめし屋の隣に引っ越してきました。
ところが、皮なめしのにおいが、嫌で嫌でたまりません。
「あなた、どっかへ引っ越して行ってください」
金持ちは毎日、皮なめし屋に頼みました。
「ええ、引っ越してあげてもいいですよ。そのうちに、越します」
皮なめし屋は、毎日こう言うだけで、なかなか引っ越しませんでした。
そのうち金持ちは、皮なめしのにおいにすっかり慣れて、
引っ越してくれとうるさく言うのをやめてしまいました。
このお話は、嫌なことでも慣れれば、嫌でなくなると教えています。

Vocabulary List:

WordReadingMeaning
金持ちかねもちrich man
皮なめし屋かわなめしやtanner
となりnext to
引っ越すひっこすto move
ところがところがhowever
皮なめしかわなめしtanned
においにおいsmell
いやdislike
たまらないたまらないunbearable
あなたあなたyou
どっかどっかsomewhere
行くいくto go
毎日まいにちevery day
頼むたのむto ask
そのうちにそのうちにsomeday
越すこすto move
言ういうto say
だけだけonly
なかなかなかなかquite
そのうちそのうちsomeday
すっかりすっかりcompletely
慣れるなれるto get used to
うるさいうるさいnoisy
やめるやめるto stop
お話おはなしstory
教えるおしえるto teach

With Furigana:

かねちが、かわなめしとなりしてきました。

ところが、かわなめしのにおいが、いやいやでたまりません。

「あなた、どっかへしてってください」

かねちは毎日まいにちかわなめしたのみました。

「ええ、してあげてもいいですよ。そのうちに、します」

かわなめしは、毎日まいにちこううだけで、なかなかしませんでした。

そのうちかねちは、かわなめしのにおいにすっかりれて、

してくれとうるさくうのをやめてしまいました。

このおはなしは、いやなことでもれれば、いやでなくなるとおしえています。

Leave a Reply